本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 須賀 由紀子

須賀 由紀子すが ゆきこ

実践女子大学生活科学部生活文化学科准教授

須賀 由紀子

津田塾大学学芸学部国際関係学科・筑波大学大学院修士課程修了。専門分野はレジャー論。著書(共著)に、エンゼル叢書として『暮らしの哲学としての「生活文化」』『知性としての精神』『聖書の言葉・詩歌の言葉』『愛したくなる「家族と暮らし」』『古事記が語る原風景』(以上、PHP研究所)、『「ゆとり」について』(誠文堂新光社)、『情報文化と生活世界』(福村出版)、『グレート・ブックスとの対話』(K-FACE叢書)など。現在、実践女子大学生活科学部生活文化学科准教授(生活文化論)。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

世界平和実現に向けた古典教育の大革新

世界平和実現に向けた古典教育の大革新

世界平和を実現するにあたり、古典教育がどのように影響を与えられるか、どのように変化していくべきかを論じたフォーラムが。2015年11月に開催されました。

松田義幸、須賀由紀子、江藤裕之、犬塚潤一郎

競泳日本代表 平井伯昌ヘッドコーチに聞く

競泳日本代表 平井伯昌ヘッドコーチに聞く

競泳の北島康介選手を指導したことでも知られる、競泳日本代表ヘッドコーチの平井伯昌(ひらい・のりまさ)さん。育成する多くの選手が主要な競技会で記録を残したり、メダルを獲得しています。選手には自分の可能性にチャレンジしてほしいという平井コーチに、選手を指導する心構えやチームづくりの秘訣をお聞きします。

平井伯昌、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

アスリートに聞く-吉原知子(バレーボール)

アスリートに聞く-吉原知子(バレーボール)

バレーボール日本代表として、オリンピックに3回出場した吉原知子さん。バレーボールとのつき合いかたや、日本代表として、キャプテンとして、大切にしていた考え方、そして海外でのプレーから学んだ経験などについてお話いただきました。

吉原知子、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

アスリートに聞く-古田敦也(プロ野球)

アスリートに聞く-古田敦也(プロ野球)

日本を代表する野球選手であった古田敦也さん。 野球を始めたきっかけや前例のないことへの挑戦、団体競技である野球の魅力について話してくれました。 古田敦也さんのスポーツへの取り組みとは?

古田敦也、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

アスリートに聞く-小谷実可子(シンクロナイズドスイミング)

アスリートに聞く-小谷実可子(シンクロナイズドスイミング)

オリンピックに出場し2つの銅メダルを受賞した、シンクロナイズドスイミング元日本代表の小谷 実可子さん。シンクロナイズドスイミングの競技とどう出会い、夢を実現したのでしょうか。 そして小谷さんにとっての「スポーツの魅力」とは?

小谷実可子、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

アスリートに聞く-佐藤寿治(体操)

アスリートに聞く-佐藤寿治(体操)

体操競技とどう出会い、自分を鍛え、夢を実現したのか。ソウル、バルセロナ、アトランタの3つのオリンピックに出場し、2つの銅メダルを受賞した体操元日本代表の佐藤寿治さんが語る「体操競技の魅力」とは?

佐藤寿治、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

アスリートに聞く-早狩実紀(陸上)

アスリートに聞く-早狩実紀(陸上)

陸上3000m障害をはじめさまざまな種目に挑戦し続けている早狩実紀選手。常に一流で活躍して続けている早狩選手の秘訣とは―

早狩実紀、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

アスリートに聞く-後藤正規(バスケットボール)

アスリートに聞く-後藤正規(バスケットボール)

「上手くなりたいという思いが全ての原点」。常に高みを目指し、自らを磨いてきたバスケットボール元日本代表の後藤正規さんにきく「スポーツと自分」。

後藤正規、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

スポーツを通じて育む、こころとからだ

スポーツを通じて育む、こころとからだ

「失敗が許されるのは子どもの頃だけであり、この年代は特に育成過程での失敗が大事になる」鹿島アントラーズジュニアの岡崎植敬コーチにお話を伺いました。

岡崎植敬、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

アスリートに聞く-朝原宣治(陸上)

アスリートに聞く-朝原宣治(陸上)

「わけがわからないまま記録が出ていたというのは納得がいかない」 独自のスタイルで最高のパフォーマンスを求め続けてきた朝原選手にとって、陸上競技の本当の魅力とは?

朝原宣治、聞き手:谷川聡、須賀由紀子

桜の話-植物観察の勘どころ

桜の話-植物観察の勘どころ

「桜自身で自分を語るとどうなるか。つまり桜が桜の生き様を語るというのが今日のテーマ」 桜をめぐる自然観察の魅力と初心者への助言。

近田文弘

アスリートに聞く-谷川聡(陸上)

アスリートに聞く-谷川聡(陸上)

「走るという単純な動きは日常的に使うもの。走りのヒントは日常生活にある」。スポーツの本質的魅力とは何か。「スポーツと自分」をテーマに、谷川聡先生にお話を伺いました。

谷川聡、聞き手:須賀由紀子

自然への愛と家族の暮らし

自然への愛と家族の暮らし

「物事の理解は、分類するということと同時に、名前を付けるというがあるのです。」葉っぱの形で植物の名前を覚える植物観察の秘訣。

近田文弘

俳句・Haikuの魅力と子どもへの誘い

俳句・Haikuの魅力と子どもへの誘い

「子供の俳句というのは何がよいかというと、ものの本質を直情でズバッと言い当てるところ」子どもの感性をはぐくむ俳句の力とは?

加藤耕子

オリエンテーリングの魅力と子どもへの誘い

オリエンテーリングの魅力と子どもへの誘い

「曖昧さの中でどう意志決定するか、それ自体が非常に魅力的である」日本選手権15連覇の記録保持者が語るオリエンテーリングの面白さ。

村越 真、須賀由紀子

源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (1)

源氏物語とシェイクスピア作品との対話 (1)

比較文学の視点とともに、古典の価値、現代に期待される文学の力について対話。

ピーター・ミルワード、岡野弘彦、渡部昇一、江藤裕之、須賀由紀子、コーディネーター:松田義幸

『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

稲垣良典、今道友信、樺山紘一、須賀由紀子、コーディネーター:松田義幸

『神学大全』と『神曲』の対話 (5)

『神学大全』と『神曲』の対話 (5)

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

須賀由紀子

グレート・ブックスの歩み-M.J.Adlerからのメッセージ

グレート・ブックスの歩み-M.J.Adlerからのメッセージ

グレートブックスセミナーを開発したM.J.アドラー博士の思想と方法論の基礎を動画番組として紹介。セミナーの方法論、セミナー運営の実際など。

須賀由紀子

教養としての古典学習の事例研究

教養としての古典学習の事例研究

2005年7月24日

須賀由紀子

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る