本文へ

ホーム > 子どもと学び > 自然

子どもと学び | 自然

私たちは自然と共に生き、その恵みに育まれています。自然の智恵やメカニズムを学び、実感することで、子どもの世界は広がります。

身近な自然観察 水辺の生きもの

身近な自然観察 水辺の生きもの

水辺の生き物をつかまえて観察しよう

NPO法人せたがや水辺デザインネットワーク

第三回 農業女子フォーラム

第三回 農業女子フォーラム

「第3回農業女子フォーラム」が2015年9月12日(土)新潟県上越市の上越文化会館で開催されました。 農業女子3名の講演、パネルディスカッションなどを行い、 新しい農業・農村を支える女性の力にフォーカスしたシンポジウムです。

講師・パネラー:松本知恵、曽我千秋、金丸晴美、コーディネーター:千賀裕太郎、統括アドバイザー:伊藤亮司、パネラー:高橋絵里香、瀧澤絹華、嶋田さやか、オブザーバー:渡邉涼太、岡部由美子、小川智子、司会進行:沼尾ひろ子

高尾山の森をみる パート2 テーマ別編

高尾山の森をみる パート2 テーマ別編

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズの高尾山。テーマ別に編集しました。

近田文弘

高尾山の森をみる

高尾山の森をみる

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。今回のフィールドは東京都の西に位置する高尾山。貴重な自然を残す高尾山の森を観察してみましょう。

近田文弘

東北里山イニシアティブ 3Fフォーラム@東北

東北里山イニシアティブ 3Fフォーラム@東北

「3Fフォーラム東北」が 2014年3月27日に山形市文翔館で開催されました。被災地からの報告、再生可能エネルギーと農業、そして宮沢賢治の詩に作曲家「坂田晃一」先生が作曲した「宮沢賢治の三つの風景」が演奏されました。

川口友和、橋本昭次、浅川順、田邉敏憲、横山和成、コーディネーター:徳山郁夫、犬塚潤一郎、パネラー:古在豊樹、千賀裕太郎、村松真、大泉忠昭、司会:安藤舞

武蔵野里山イニシアティブ

武蔵野里山イニシアティブ

武蔵野の里山文化を未来の世代へ継承するには? 歴史、景観、エネルギー供給など、多角的な視点から学識者が討論

松本富雄、鬼頭秀一、千賀裕太郎、田邉敏憲、徳山郁夫、古在豊樹

教育の原点としての農業

教育の原点としての農業

「人間はいきものであり、人間は自然の一部である。農業を通じた教育ではそのことを実体験として学ぶことができる」(中村桂子 JT生命誌研究館館長)

中村桂子

農業農村 再生の展望

農業農村 再生の展望

現代は「地球危機」から吹く、 農村地域への「追い風」の時代。「帆」の張り方によって「農村丸」の進路は決定的に変わる。これからの時代における農村の大いなる役割とは?

千賀裕太郎

メダカが教えてくれたこと

メダカが教えてくれたこと

メダカとヒトとは、全遺伝子の70%を共有している。メダカと遺伝子の研究にまつわるお話から、健康や生命について考えをひろげていくミニフォーラム。

尾田正二

里山入門(2)-エンゼルの森フォーラム

里山入門(2)-エンゼルの森フォーラム

「楽しみながら里山を守ろう。」 日本の森林、里山、生物多様性をテーマに、エンゼルの森(三重県)でミニフォーラムを開催しました。

近田文弘、河邉誠一郎、松田義幸

里山入門(1)-近年注目されてる「里山」とは?

里山入門(1)-近年注目されてる「里山」とは?

生物多様性の観点から、近年注目されている「里山」の自然と環境。 「里山とは何か」、植物学者の近田文弘先生にご案内をいただきながら、三重県伊賀市にあるエンゼルの森を訪れました。

近田文弘

新宿御苑の冬の樹木

新宿御苑の冬の樹木

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。今回のフィールドは都会のなかの公園、新宿御苑。 ここにしかない『たから物』の樹木も観察しましょう。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (1)

自然がどんどん見えてくる (1)

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (2)-冬の海岸植物

自然がどんどん見えてくる (2)-冬の海岸植物

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (3)-春の海岸植物

自然がどんどん見えてくる (3)-春の海岸植物

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (4)-夏の海岸植物

自然がどんどん見えてくる (4)-夏の海岸植物

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

自然がどんどん見えてくる (5)-秋の海岸植物

自然がどんどん見えてくる (5)-秋の海岸植物

植物学者の近田先生と行く植物観察会シリーズ。四季を通じて植物はどのように変化するのでしょうか。自然を見る目がひらかれる植物観察のはじまりです。

近田文弘

桜の話-植物観察の勘どころ

桜の話-植物観察の勘どころ

「桜自身で自分を語るとどうなるか。つまり桜が桜の生き様を語るというのが今日のテーマ」 桜をめぐる自然観察の魅力と初心者への助言。

近田文弘

自然への愛と家族の暮らし

自然への愛と家族の暮らし

「物事の理解は、分類するということと同時に、名前を付けるというがあるのです。」葉っぱの形で植物の名前を覚える植物観察の秘訣。

近田文弘

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る