本文へ

ホーム > 社会 > 子どもの今を考える

子どもと学び | 社会

子どもの今を考える

日本の子どもとアジアの子ども

日本の子どもとアジアの子ども

未来は、今の子どもたちが大人になった姿のことです。現在の子どもたちを見つめ、未来を想像しましょう。20世紀は交通の力で世界は狭くなりましたが、21世紀は情報の力で世界の交流が始まります。これからの日本とアジアの子どもたちの未来を考えていきます。

講師・パネラー:谷川洋、パネラー:松浦真、松榮秀士、武田緑、司会:橘川幸夫

ページのトップへ戻る