本文へ

ホーム > グレート・ブックス > 日本の古典 > 源氏物語を読むために-三矢先生を偲んで-

源氏物語を読むために-三矢先生を偲んで-

源氏物語を読むために-三矢先生を偲んで-

sugiura_small

源氏物語を読むために~三矢先生を偲んで~ (PDF形式/580KB)

はじめに

1.「源氏物語全講会」の歩み~三矢先生から折口先生、そして岡野先生へ

三矢先生と國學院と源氏物語/三矢先生と折口先生/三矢先生の「源氏全講会」/明治期の源氏研究と三矢先生の思い/折口先生の源氏物語全講会/そして岡野先生による復興へ

2.「やまとだましひ」と源氏物語

三矢先生五十年祭/三矢先生が一番大切に考えていられたこと-「やまとだましひ」/「やまとだましひ」は日本人固有の根生いの心

3. 私にとっての「國學」

「学問の道」/「國學」とはどんな学問か/「國學は文芸復興の学である」

4.「もののあはれ」を知る文学・源氏物語

「やまとだましひ」と「もののあはれ」/本居宣長「もののあはれ論」/宣長の物語論/「人の実の情」こそ大事/宣長こそ源氏物語の最良の導き手

5.「もののあはれ」と「いろごのみ」・折口信夫の「いろごのみ」

儒仏の道/新たなる「女性達の時代」に/「いろごのみ」の本意から源氏を見る/谷崎潤一郎の「源氏ぎらい」

おわりに

コンテンツ名 森永エンゼルカレッジ 研究紀要 源氏物語を読むために~三矢先生を偲んで~
収録日 2009年7月14日
講師 杉浦俊治
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

講師:杉浦俊治

(源氏物語全講会研究顧問)

昭和6年(1931年)東京都生まれ。國學院大学卒業。日本放送協会(NHK)にアナウンサーとして入局。釧路放送局放送部長、四国本部編成課長、本部番 組統括センター編成担当部長等を歴任。昭和31年から同36年にかけては鶴岡放送局に勤務。國學院大学講師、國學院大学院友会監事等を経て、現在、源氏物 語全講会研究顧問。

詳しくはこちら

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る