本文へ

ホーム > 講師プロフィール > 今道 友信

今道 友信いまみち とものぶ

東京大学名誉教授

今道 友信

1922年東京生まれ、1948年東京大学文学部哲学科を卒業、同大学院を経て、パリ大学、ヴェルツブルク大学で非常勤講師をつとめ、1962年より東京大学文学部に移り教授、1982年に定年退職、現在英知大学大学院長、1981年哲学国際センターを創設以後現在まで所長。1996-99年パリ哲学国際研究所所長、国際形而上学会会長、国際美学会名誉会長、国際エコエティカ学会会長をつとめる。
著書に『同一性の自己塑性』『美の位相と芸術』ほか多数。編著『国際ブリタニカ大事典』24巻、『講座 美学』5巻、『Revue Internationale de le Philosophie Moderne(現代哲学国際雑誌)』既刊19巻等。

※肩書などはコンテンツ収録時のものです

精神と音楽の交響 (1)

精神と音楽の交響 (1)

今回のダンテフォーラムでは音楽美学の意義と思想性について考えるとともに、イタリア・クラシック音楽の美しい演奏を楽しみます。

今道友信、三村利恵、司会:松田義幸、演奏:白石隆生、白石敬子

精神と音楽の交響 (2)

精神と音楽の交響 (2)

今回のダンテフォーラムでは音楽美学の意義と思想性について考えるとともに、イタリア・クラシック音楽の美しい演奏を楽しみます。

今道友信

精神と音楽の交響 (3)

精神と音楽の交響 (3)

今回のダンテフォーラムでは音楽美学の意義と思想性について考えるとともに、イタリア・クラシック音楽の美しい演奏を楽しみます。

今道友信、三村利恵、司会:松田義幸

精神と音楽の交響 (4)

精神と音楽の交響 (4)

今回のダンテフォーラムでは音楽美学の意義と思想性について考えるとともに、イタリア・クラシック音楽の美しい演奏を楽しみます。

今道友信、三村利恵、司会:松田義幸

「美学」 速講30分

「美学」 速講30分

30分で美学のエッセンスを講義することができるか。日本を代表する美学者のひとり、今道友信先生による、はじめて美学を学ぶひとのための講義。

今道友信

混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (1)

混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (1)

哲学、歴史、芸術。それぞれの第一人者が語るイタリア・ルネサンス。混迷する現代がそこから学びうるものとは何か。

今道友信、樺山紘一、田中英道、コーディネーター:松田義幸

混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (2)

混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (2)

哲学、歴史、芸術。それぞれの第一人者が語るイタリア・ルネサンス。混迷する現代がそこから学びうるものとは何か。

今道友信

混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (5)

混迷の時代の叡智-フィレンツェ・ルネサンスに学ぶ (5)

哲学、歴史、芸術。それぞれの第一人者が語るイタリア・ルネサンス。混迷する現代がそこから学びうるものとは何か。

今道友信、樺山紘一、田中英道、松田義幸

フィレンツェに学ぶ芸術ルネサンス (1)

フィレンツェに学ぶ芸術ルネサンス (1)

あえて母語のトスカーナ語を用いたダンテは、その後のルネサンスにどんな影響を与えたか。母語と詩歌・人間精神の関係について考え、ルネサンスの偉業に学ぶ。

今道友信、岡野弘彦、樺山紘一、田中英道、コーディネーター:松田義幸

フィレンツェに学ぶ芸術ルネサンス (2)

フィレンツェに学ぶ芸術ルネサンス (2)

あえて母語のトスカーナ語を用いたダンテは、その後のルネサンスにどんな影響を与えたか。母語と詩歌・人間精神の関係について考え、ルネサンスの偉業に学ぶ。

今道友信

フィレンツェに学ぶ芸術ルネサンス (4)

フィレンツェに学ぶ芸術ルネサンス (4)

あえて母語のトスカーナ語を用いたダンテは、その後のルネサンスにどんな影響を与えたか。母語と詩歌・人間精神の関係について考え、ルネサンスの偉業に学ぶ。

今道友信、岡野弘彦、コーディネーター:松田義幸

『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

『神学大全』と『神曲』の対話 (1)

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

稲垣良典、今道友信、樺山紘一、須賀由紀子、コーディネーター:松田義幸

『神学大全』と『神曲』の対話 (2)

『神学大全』と『神曲』の対話 (2)

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

今道友信

『神学大全』と『神曲』の対話 (6)

『神学大全』と『神曲』の対話 (6)

中世最大の神学者トマス・アクィナスの思想を中心におき、トマスとダンテの思想上の関係と、その歴史的な背景について理解を深める。

稲垣良典、今道友信、樺山紘一、コーディネーター:松田義幸

芸術都市の創造-京都とフィレンツェの対話 第二部 (1)

芸術都市の創造-京都とフィレンツェの対話 第二部 (1)

「フィレンツェ―芸術都市の誕生展」を記念して、東京と京都で開催されたダンテフォーラム

今道友信、岡野弘彦、樺山紘一、高階秀爾、芳賀徹、須賀由紀子、コーディネーター:松田義幸

芸術都市の創造-京都とフィレンツェの対話 第二部 (3)

芸術都市の創造-京都とフィレンツェの対話 第二部 (3)

「フィレンツェ―芸術都市の誕生展」を記念して、東京と京都で開催されたダンテフォーラム

今道友信

芸術都市の創造-京都とフィレンツェの対話 第二部 (7)

芸術都市の創造-京都とフィレンツェの対話 第二部 (7)

「フィレンツェ―芸術都市の誕生展」を記念して、東京と京都で開催されたダンテフォーラム

今道友信、岡野弘彦、樺山紘一、高階秀爾、芳賀徹、コーディネーター:松田義幸

フィレンツェ-至高の文化の誕生 (1)

フィレンツェ-至高の文化の誕生 (1)

「フィレンツェ―芸術都市の誕生展」を記念して、東京と京都で開催されたダンテフォーラムの東京編。

今道友信、樺山紘一、コーディネーター松田義幸

フィレンツェ-至高の文化の誕生 (2)

フィレンツェ-至高の文化の誕生 (2)

「フィレンツェ―芸術都市の誕生展」を記念して、東京と京都で開催されたダンテフォーラムの東京編。

今道友信

フィレンツェ-至高の文化の誕生 (4)

フィレンツェ-至高の文化の誕生 (4)

「フィレンツェ―芸術都市の誕生展」を記念して、東京と京都で開催されたダンテフォーラムの東京編。

今道友信、樺山紘一、松田義幸

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る