本文へ

ホーム > 西洋の古典 > ミルワード神父のシェイクスピア物語 > 第2回 ミルワード神父 日本の地を踏む

第2回 ミルワード神父 日本の地を踏む

ミルワード神父のシェイクスピア物語

第2回 ミルワード神父 日本の地を踏む

1954年に初来日してから上智大学で教壇に立つようになるまでのエピソードを紹介。後半は4大悲劇のひとつ『リア王』の名台詞に触れながら、登場人物に投影されているカトリック的な要素を検証していきます。

 

お話:
ピーター・ミルワード イエズス会司祭・上智大学名誉教授
門野泉 清泉女子大学名誉教授・前学長

当日配布資料のダウンロードはこちら

 

ダイジェスト

第2回の講義の内容をダイジェストでご紹介します。(約4分間)

目次

講演

対談&質疑応答(31分27秒)

復習と解説

 

第2回

講演

1.前回の講演を振り返る

 

2.1954年に来日。上智大学でシェイクスピアを教え始める

 

3.An Introduction to Shakespeare’s Plays

 

4.Shakespeare’s Religious Background

 

5.“King Lear”Act.1,Act.3

 

6.“King Lear”Act.4,Act.5

 

対談&質疑応答

  • 1954年の来日された時の印象は?
  • 上智大学で教え始めた時の印象は?
  • 1960年に司祭になられた時の思い出は?
  • 聴講者との朗読

復習と解説

復習と解説 PDF形式ドキュメント ミルワード神父 日本の地を踏む 復習と解説(PDF形式ファイル)
作成:門野泉 清泉女子大学名誉教授

コンテンツ名 ミルワード神父のシェイクスピア物語
収録日 2015年5月30日
講師 ピーター・ミルワード、門野泉

会場:上智大学S.Jハウス
主催:一般財団法人森永エンゼル財団
企画:松田義幸 尚美学園理事長・森永エンゼル財団理事
映像制作:リベラルアーツ総合研究所
協力:上智大学S.Jハウス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミルワード神父のシェイクスピア物語

プロフィール

講師:ピーター・ミルワード

(イエズス会司祭・上智大学名誉教授)

講師:門野 泉

(清泉女子大学名誉教授・前学長)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る