本文へ

ホーム > 西洋の古典 > ミルワード神父のシェイクスピア物語 > 第12回 『尺には尺を』

第12回 『尺には尺を』

ミルワード神父のシェイクスピア物語

第12回 『尺には尺を』

「『ヴェニスの商人』に引き続いて今回は『尺には尺を』を取り上げます。『尺には尺を』はあまり知られていない劇作品ですが、ヒロインが慈悲の価値を訴え、中心的な役割を演じている点で2つの劇作品には共通点があります」(ミルワード神父)

お話:
ピーター・ミルワード イエズス会司祭・上智大学名誉教授
門野泉 清泉女子大学名誉教授・前学長

当日配布資料のダウンロードはこちら

目次

講演

対談&質疑応答(18分27秒)

復習と解説

 

第12回

講演

1.前回の講演を振り返る

 

2.憐みの年(Year of Mercy)にふさわしい2つの劇作品

 

3.『尺には尺を』(1)

 

4.『尺には尺を』(2)

 

5.対談&質疑応答

  • シェイクスピアは法律や弁護士、訴訟等に関する深い知識があったのでしょうか?
  • 公爵は王権神授説を唱えたジェイムズ一世に例えることができますか?
  • シェイクスピアは、劇団のパトロンになったジェイムズ一世を意識していますか?

6.復習と解説

復習と解説 PDF形式ドキュメント 第12回『尺には尺を』復習と解説(PDF形式ファイル)
作成:門野泉 清泉女子大学名誉教授

コンテンツ名 ミルワード神父のシェイクスピア物語
収録日 2016年5月28日
講師 ピーター・ミルワード、門野泉

会場:上智大学S.Jハウス
主催:一般財団法人森永エンゼル財団
企画:松田義幸 尚美学園顧問・森永エンゼル財団理事
映像制作:リベラルアーツ総合研究所
協力:上智大学S.Jハウス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミルワード神父のシェイクスピア物語

プロフィール

講師:ピーター・ミルワード

(イエズス会司祭・上智大学名誉教授)

講師:門野 泉

(清泉女子大学名誉教授・前学長)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る