本文へ

ホーム > 西洋の古典 > ミルワード神父のシェイクスピア物語 > 第15回 『ペリクリーズ』

第15回 『ペリクリーズ』

ミルワード神父のシェイクスピア物語

第15回 『ペリクリーズ』

秋期講座の第1回は『ペリクリーズ』を読みます。『ペリクリーズ』はシェイクスピアの時代にはたいへん人気のあった劇であったにもかかわらず、シェイクスピアの死後に出版された第一・二つ折り本(F1)には収録されませんでした。この劇作品の評価が分かれる原因はどこにあったのでしょうか?

お話:
ピーター・ミルワード イエズス会司祭・上智大学名誉教授
門野泉 清泉女子大学名誉教授・前学長

当日配布資料のダウンロードはこちら

目次

講演

対談・質疑応答

復習と解説

第15回

講演

1.『ペリクリーズ』のパラドックス

 

2.『ペリクリーズ』制作の経緯

 

3.『ペリクリーズ』(1)

 

4.『ペリクリーズ』(2)

 

5.『ペリクリーズ』(3)

 

6.対談&質疑応答

  • ジャコビアンの時代から王政復古期までは人気を博していた『ペリクリーズ』が、その後、急激に上演されなくなったのはなぜでしょうか?
  • 中世の詩人であるジョン・ガワーをコーラスとして登場させた意図は何だと思われますか?

 

7.『ペリクリーズ』引用個所朗読

8.復習と解説

復習と解説 PDF形式ドキュメント 第15回『ペリクリーズ』復習と解説(PDF形式ファイル)
作成:門野泉 清泉女子大学名誉教授

コンテンツ名 ミルワード神父のシェイクスピア物語
収録日 2016年9月24日
講師 ピーター・ミルワード、門野泉

会場:イエズス会日本管区本部 岐部ホール309号室
主催:一般財団法人森永エンゼル財団
企画:松田義幸 森永エンゼル財団理事
映像制作:リベラルアーツ総合研究所
協力:イエズス会日本管区本部

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミルワード神父のシェイクスピア物語

プロフィール

講師:ピーター・ミルワード

(イエズス会司祭・上智大学名誉教授)

講師:門野 泉

(清泉女子大学名誉教授・前学長)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る