本文へ

ホーム > 西洋の古典 > ミルワード神父のシェイクスピア物語 > 第16回 『シンベリン』

第16回 『シンベリン』

ミルワード神父のシェイクスピア物語

第16回 『シンベリン』

「前回の『ペリクリーズ』に引き続き、悲喜劇(tragi-comedy)のジャンルの劇、『シンベリン』を取り上げます。本作品は『リア王』と同じくブリテン王国の物語で、二つの作品には共通点があります。シェイクスピアが『リア王』で実際に描いたのは、エリザベス朝のイングランドでした。『シンベリン』では、ヘンリー八世の時代を意識していると思われます。」(ミルワード神父)

お話:
ピーター・ミルワード イエズス会司祭・上智大学名誉教授
門野泉 清泉女子大学名誉教授・前学長

当日配布資料のダウンロードはこちら

目次

講演

対談・質疑応答

復習と解説

第16回

講演

1.前回の講演を振り返る

 

2.ヘンリー8世の時代と『シンベリン』

 

3.『シンベリン』(1)

 

4.『シンベリン』(2)

 

5.『シンベリン』(3)

講演

 

6.対談&質疑応答

  • テューダー家とウェールズの関係について
  • 王妃がBritainの独立を強く主張することについて

 

7.『シンベリン』引用個所朗読

8.復習と解説

復習と解説 PDF形式ドキュメント 第16回『シンベリン』復習と解説(PDF形式ファイル)
作成:門野泉 清泉女子大学名誉教授

コンテンツ名 ミルワード神父のシェイクスピア物語
収録日 2016年10月15日
講師 ピーター・ミルワード、門野泉

会場:上智大学S.Jハウス
主催:一般財団法人森永エンゼル財団
企画:松田義幸 森永エンゼル財団理事
映像制作:リベラルアーツ総合研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミルワード神父のシェイクスピア物語

プロフィール

講師:ピーター・ミルワード

(イエズス会司祭・上智大学名誉教授)

講師:門野 泉

(清泉女子大学名誉教授・前学長)

肩書などはコンテンツ収録時のものです

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る