本文へ

ホーム > 子どもと学び > 社会

子どもと学び | 社会

私たちはさまざまな「社会」の構成員です。「子どもと学び」を取りまく社会を、講義を通して知ることができます。

戦後子ども文化研究 家族調査・子ども編 --子どもにとっての“家族”とは--

戦後子ども文化研究 家族調査・子ども編 --子どもにとっての“家族”とは--

戦後子ども文化を研究の一環として、現代の子どもたちを取り巻く環境、家族の 実態を、子どもの目線から把握するために、小学生・男子高校性・女子 高校生 のグループインタビュウを実施しました。

近藤純夫、橘川幸夫

日本の子どもとアジアの子ども

日本の子どもとアジアの子ども

未来は、今の子どもたちが大人になった姿のことです。現在の子どもたちを見つめ、未来を想像しましょう。20世紀は交通の力で世界は狭くなりましたが、21世紀は情報の力で世界の交流が始まります。これからの日本とアジアの子どもたちの未来を考えていきます。

講師・パネラー:谷川洋、パネラー:松浦真、松榮秀士、武田緑、司会:橘川幸夫

戦後子ども文化史(6) 子どもたちの現在

戦後子ども文化史(6) 子どもたちの現在

子どもたちの現在を知り、未来を想うシンポジウム

パネリスト:近藤純夫、林光、浦田雅夫、田口ランディ、司会:橘川幸夫

戦後子ども文化史(5) 子どもたちの身体

戦後子ども文化史(5) 子どもたちの身体

最近の子どもたちは、適度な緊張感を持って姿勢を維持することが難しくなってきています。調査の結果、1年生でほぼ100%の低緊張状態(姿勢維持ができない、骨盤が倒れている、体が常に動いている、等)がみられました。

中尾繁樹、司会:橘川幸夫

戦後子ども文化史(4) 子どもたちの心

戦後子ども文化史(4) 子どもたちの心

夜中までインターネットのゲームに夢中で、昼夜が逆転してしまい、それで学校に行けなくなる子どもが後を絶たない。各方面の専門家に聞く戦後の子ども文化史。第4回目は小児精神科医の朝倉 新さんのお話です。

朝倉 新、司会:橘川幸夫

戦後子ども文化史(3) 子どもたちと環境の変化

戦後子ども文化史(3) 子どもたちと環境の変化

教育は誰もが語れるが、時代が変わっていることに意識の足りないひとが多いのではないか。戦後の子ども文化史。今回の講師は学校教育の現場に長く携わってこられた教育デザイン研究所所長の吉田和夫さんです。

吉田和夫、司会:橘川幸夫

戦後子ども文化史(2) 子ども文化とサブカルチャー

戦後子ども文化史(2) 子ども文化とサブカルチャー

子ども調査研究所所長の近藤純夫さんに聞く、戦後の子ども文化史。戦後の時代から現代まで、子どもたちの生活と意識はどのように変化してきたか。戦後史の流れの中で子どもたちの現在を考える講演シリーズの第2回です。

近藤純夫、司会:橘川幸夫

戦後子ども文化史(1) 廃墟と飢餓の時代から、高度成長期まで

戦後子ども文化史(1) 廃墟と飢餓の時代から、高度成長期まで

子ども調査研究所所長の高山英男さんに聞く、戦後の子ども文化史。戦後の廃墟の時代から高度成長の時代まで、子どもたちの生活様式と意識はどのように変化してきたか。戦後史の流れの中で子どもたちの現在を考える講演シリーズの第1回です。

高山英男、司会:橘川幸夫

子ども大学かわごえの革新

子ども大学かわごえの革新

小中高校や大学の機能不全、学校と教育の危機が広く問題にされてきたなかで、従来の教育の枠組み・制度を越えた、新しい試みが生まれています。ドイツにはじまった「子ども大学」です。

酒井一郎、松田義幸、徳山郁夫、コーディネーター:犬塚潤一郎

情報化社会の子どもたち

情報化社会の子どもたち

戦後、日本人の意識はどう変化してきたか。そして、情報化社会の今日、子どもたちの世界はどこに向かっているのか。日本のメディア界を代表する橘川幸夫氏による講演。

橘川幸夫

広告の中の森永

広告の中の森永

広告が優れている会社に共通していること、それは創業者が持っている精神的エネルギーの強さ。広告批評の第一人者として知られる天野祐吉さんが語る「広告の中の森永」。

天野祐吉

天使の声に耳を傾ける現代的方途を探る

天使の声に耳を傾ける現代的方途を探る

人生を豊かにする「レジャー」の本質について考えるミニレクチャー。異質のものと出会う価値を伝えてくれる天使(エンゼル)。そのささやきに耳をすますには?

土屋薫

「美学」 速講30分

「美学」 速講30分

30分で美学のエッセンスを講義することができるか。日本を代表する美学者のひとり、今道友信先生による、はじめて美学を学ぶひとのための講義。

今道友信

俳句・Haikuの魅力と子どもへの誘い

俳句・Haikuの魅力と子どもへの誘い

「子供の俳句というのは何がよいかというと、ものの本質を直情でズバッと言い当てるところ」子どもの感性をはぐくむ俳句の力とは?

加藤耕子

オリエンテーリングの魅力と子どもへの誘い

オリエンテーリングの魅力と子どもへの誘い

「曖昧さの中でどう意志決定するか、それ自体が非常に魅力的である」日本選手権15連覇の記録保持者が語るオリエンテーリングの面白さ。

村越 真、須賀由紀子

甘えと教育と日本文化-日米幼児・児童教育の比較文化論 (1)

甘えと教育と日本文化-日米幼児・児童教育の比較文化論 (1)

アメリカの小学校と日本の小学校はどう違う? 『甘えの構造』の土居健郎先生と、日本の初等教育に詳しいキャサリン・ルイス ミルズ大学教授とがユーモアを交え、教育問題を語り合う。

キャサリン・ルイス、土居健朗、コーディネーター:須賀由紀子

甘えと教育と日本文化-日米幼児・児童教育の比較文化論 (2)

甘えと教育と日本文化-日米幼児・児童教育の比較文化論 (2)

アメリカの小学校と日本の小学校はどう違う? 『甘えの構造』の土居健郎先生と、日本の初等教育に詳しいキャサリン・ルイス ミルズ大学教授とがユーモアを交え、教育問題を語り合う。

キャサリン・ルイス、土居健朗、コーディネーター:須賀由紀子

甘えと教育と日本文化-日米幼児・児童教育の比較文化論 (3)

甘えと教育と日本文化-日米幼児・児童教育の比較文化論 (3)

アメリカの小学校と日本の小学校はどう違う? 『甘えの構造』の土居健郎先生と、日本の初等教育に詳しいキャサリン・ルイス ミルズ大学教授とがユーモアを交え、教育問題を語り合う。

キャサリン・ルイス、土居健朗、コーディネーター:須賀由紀子

甘えと教育と日本文化-日米幼児・児童教育の比較文化論 (4)

甘えと教育と日本文化-日米幼児・児童教育の比較文化論 (4)

アメリカの小学校と日本の小学校はどう違う? 『甘えの構造』の土居健郎先生と、日本の初等教育に詳しいキャサリン・ルイス ミルズ大学教授とがユーモアを交え、教育問題を語り合う。

キャサリン・ルイス、土居健朗、コーディネーター:須賀由紀子

新しい家族の絆をつくる (1)

新しい家族の絆をつくる (1)

「サラサラ・フカフカ型の開かれた家族へ」「子供の自立には親子間の葛藤や対立が必要 」「ひらかれた家族へ」エンゼル・フォーラム「母親自身の生活設計4」の模様を配信

天野正子、松田義幸

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る